錦織一清がファンクラブを開設

 2020年末でジャニーズ事務所を退所した俳優で演出家の錦織一清(55)が23日、公式ツイッター、ホームページ、ファンクラブ『Uncle Cinnamon Club』(アンクルシナモンクラブ)を開設したことを報告した。ファンクラブは今月29日にオープンする。

錦織一清のプロフィール

 ツイッターに動画を添えた錦織は「いろいろ皆さんのお力添えをいただきまして、ファンクラブを立ち上げることになりました」と報告。ファンクラブ名は『Uncle Cinnamon Club』で、意味は「ニッキおじさんということです」と紹介。「私、つい先日まで『少年』をやっておりましたけども、いきなり今度は『おじさん』になろうかというコンセプトになっております」と明かした。

 ファンクラブについては「僕自身も参加型のクラブといいますか、目指しているところは、少年時代、放課後駄菓子屋に行って、みんなと遊んだりするみたいな。そういう大人の放課後みたいなクラブを作りたいなといったところ」と説明。

 今後は「みなさんの意見とかいろんなアイディアとかを聞きながら、育ってほしいなと思うんですけども、やりたいことはトーク配信番組であったりとかも、やれたら良いなと思いますし、今までになかったような、ヤラセ一切なしのオフショットなんかも、どんどんご紹介できたらと思っております」と力を込めている。

 最後は「僕自身、こういう配信とか、ネットとか、その辺はまだまだ勉強不足でわらないところがいっぱいありますので、みなさんに教えていただきながら、至らないところも多いと思いますけれど、よろしくお願いいたします」と呼びかけている。

 錦織は、少年隊のメンバーとして、1985年に「仮面舞踏会」でレコードデビュー。ソロでは俳優として『スカーレット』、『蒲田行進曲』、『ガイズ&ドールズ』などの舞台に多数出演。20年12月にジャニーズ事務所を退所した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。