記者会見するホンダの三部敏宏社長=23日午後、東京都港区

 ホンダの電気自動車「Honda e(ホンダイー)」

 ホンダは23日、2040年に世界で販売する全ての新車を電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にすると発表した。ガソリンエンジン車をゼロにする目標を示したのは日本の自動車メーカーでは初めて。世界的な脱炭素の流れを受け、電動化戦略を一気に加速する。

 政府は35年までに国内で販売する全ての新車を電動車にする方針を今年1月に表明したが、ガソリンエンジンとモーターを併用して走るハイブリッド車(HV)も含めている。トヨタ自動車や日産自動車はHVを含めた電動車の推進目標を掲げているが、ホンダは明確に「脱ガソリン」へかじを切る。