厚生労働省は23日、新型コロナウイルスワクチンの副反応疑い例を評価する専門部会を開き、接種前に誤嚥性肺炎を発症して全身状態が良くなかった可能性のある102歳の女性が、接種後に死亡した事例があったことを明らかにした。複数の委員から、体調が悪い場合は、接種の延期も考慮するよう周知すべきだとの意見が挙がった。

 報告によると、女性は2日に発熱した後、誤嚥性肺炎と診断された。12日にワクチンを接種し、4日後、死亡が確認された。接種後に死亡した人は計10人となり、いずれもワクチンとの因果関係は評価できず「偶発事象の可能性がある」とした。