写真撮影を楽しむ新成人=勝浦町三渓の町農村環境改善センター

 徳島県勝浦町は2日、同町三渓の町農村環境改善センターで、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となった成人式式典の代替措置となる写真撮影会を開いた。新成人16人が参加し、思い思いに撮影を楽しんだ。

 センター内に設けたスペースでは、振り袖やスーツ姿の新成人が「祝ご成人」「夢に向かって」と記された書の前で写真を撮ったり、談笑したりして再会を喜んだ。小中学生時代に指導を受けた先生からのビデオレターの上映もあった。

 新型コロナの感染対策として参加者は、事前に配布されたPCR検査キットで陰性を確認。撮影時以外は、マスクと手袋の着用を徹底した。

 実行委員長の会社員上村和輝さん(20)=同町=は「節目に集まることができて良い機会になった。直接会えることのありがたさを実感した」と話した。

 この日は、小松島市でも代替の写真撮影会があり、同市立江町の市立体育館に新成人52人が集まった。