男子フリー86キロ級準決勝 ポーランド選手を攻める高谷惣亮=ソフィア(ロイター=共同)

 男子フリー57キロ級準決勝 キューバ選手(左)と対戦する高橋侑希=ソフィア(ロイター=共同)

 レスリングの東京五輪世界最終予選は7日、ソフィアで行われ、男子フリースタイルで前日に五輪出場枠獲得を決めていた86キロ級の高谷惣亮と57キロ級の高橋侑希はともに決勝で相手が棄権して1位となった。日本協会の選考基準で高谷は3大会連続の五輪代表に決定し、高橋侑は2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎と国内のプレーオフで代表を争う。

 前日に32歳の高谷はいずれも欧州勢と対戦した4試合に勝ち、17年世界選手権王者で27歳の高橋侑は全て無失点で3試合を制して決勝進出を決め、五輪枠獲得の2位以内を確定させた。