日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は7日、大相撲夏場所について、4日目の12日から上限約5千人の観客を入れて実施すると発表した。大規模イベントの人数制限が緩和されたことを受けての措置。11日までは無観客で開催する。