徳島県の飯泉嘉門知事は7日の定例会見で、次期衆院選徳島1区からの出馬の意向について問われ「知事として、全国知事会長として新型コロナウイルス対応などに全力投球しなければならない。今の段階では考える余地がない」と述べた。

 また、後藤田正純衆院議員(徳島1区)がフェイスブック上で「知事と県議会はなれ合いだ」などと書き込み、県議会の最大会派・県議会自民党が問題視していることについては「なれ合いがあるというのは違う。徳島県議会は非常に意識が高く、知事を監視している」と話した。