マンホールのふたにあしらわれるゴジラのデザイン(TM&(C)TOHO CO.,LTD.)

 マンホールのふたにあしらわれるゴジラのデザイン(TM&(C)TOHO CO.,LTD.)

 東京・歌舞伎町の複合施設「新宿東宝ビル」前の歩道に、人気怪獣ゴジラをデザインしたマンホールのふたが今月12日にお目見えする。ビルにはゴジラの頭部をかたどった巨大オブジェがあり、ゴジラは町のシンボル。新宿区の観光特使にも任命されており、区の担当者は「新たな町の魅力に」と期待する。

 新宿区などによると、ふたはオブジェのモチーフとなった映画「ゴジラVSモスラ」(1992年)の写真を印刷したものと、映画「シン・ゴジラ」(2016年)のポスターデザインを使った鋳型タイプの2種類。東京都の観光振興策の一環で、新宿区と東宝がデザインを決めた。