11日午前の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の下げ幅が一時500円を超え、節目の2万9000円を割りこんだ。