徳島新聞の一連の報道に関し、内藤佐和子市長が徳島新聞社に対して記事の訂正と撤回、謝罪文の掲載を求めるなどして抗議した。徳島新聞社は「記事は適切な取材による事実の報道であり、事実に基づく妥当な論評の範囲にある。抗議を受け入れることはできない」としている。市長の主張と徳島新聞社の見解は次の通り。

2021年4月23日付27面「点検内藤市政1年④ 統制力 強引さに戸惑う職員も」本社見解

2021年4月14日付5面「社説 阿波踊り事業体が賠償請求 徳島市の主張は詭弁だ」本社見解

2021年4月13日付27面「阿波踊り事業体責任者会見 不満の背景に市への不信」本社見解

2021年4月11日付2面 「論説委員の目 阿波おどり実行委 形骸化の原因 市長では」本社見解

2021年3月30日付6面「社説 阿波おどり実行委 体制見直しは必要なのか」本社見解

2021年3月9日付2面「論説委員の目 徳島市の説明不足 独善に陥ってはならない」 本社見解