内藤佐和子市長

 徳島市の内藤佐和子市長は、4月23日付の徳島新聞掲載記事「点検内藤市政1年 ④」の内容に問題があるとして、同27日の記者会見で徳島新聞社に厳重に抗議したと市の公式ホームページ(HP)で発表するとともに、抗議内容をHPに掲載した。

 記事では、昨年11月に行われた市総務部長兼理事(当時)の人事異動に焦点を当てるなどして、市長の庁内での統制力や職員との距離感を読者に伝えた。総務部長兼理事の人事を巡っては、部長職を解いて理事専任とする実質的な降格人事として紹介。「遠藤(彰良前市長)カラーを排除したかったのだろうが、年度途中にやり過ぎだ」とする市議の声も掲載した。

 これに対して内藤市長は「(記事の表現に記者の)主観なども入っている内容であると思う。彼が遠藤市長時代に登用されたことは事実だと思いますが、私が選んだ総務部長でもあります。遠藤カラーを排除したかったのであれば、昨年の4月、5月の段階で彼を総務部長から外すこともできました。しかし、私はそうしませんでした」などとしている。

 徳島新聞社の見解

 記事はいずれも適切な取材による事実の報道、あるいは事実に基づく妥当な論評の範囲にあります。
 
市長の抗議内容


徳島新聞の記事

 

徳島市の主張と徳島新聞社の見解の全文