7回阪神2死一、二塁、糸原が右前に同点打を放つ=甲子園

 阪神が終盤に追い付いて引き分けた。1―4の四回に梅野の適時打などで1点差に迫り、七回は糸原の適時打で同点とした。中日は二回に高橋周、四回も木下拓が2ランを放ってリードしたが、救援の祖父江と福で逃げ切れなかった。