ヤクルト戦に先発した広島・森下=神宮

 両先発投手がともに7回無失点と粘り、引き分けた。広島の森下は6四球を与えるなど毎回走者を許したが、要所では球威で抑え込んだ。ヤクルトの田口も再三、走者を背負ったが、変化球主体の投球で切り抜けた。