ビットコインと米テスラのロゴマーク=2月(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)大手テスラは製品購入に際し、代表的な暗号資産ビットコインでの支払いを受け付けるサービスを停止した。イーロン・マスク最高経営責任者が12日付のツイッターへの投稿で明らかにした。話題を集めたサービス導入発表から約3カ月で方針を一転させた。ビットコイン相場は投稿を受け、一時1ビットコイン=5万5千ドル前後から5万ドル割れまで急落した。

 マスク氏は「暗号資産の将来性を信じているが、環境に大きな負荷をかけてはいけない」と理由を説明。EVの普及でクリーンエネルギー社会の実現を目指すテスラの経営方針と矛盾すると判断したもようだ。