MORISAKI WINとして歌手デビューした森崎ウィンが新曲をテレビ初披露(C)NHK

 俳優で歌手のMORISAKI WINと、“WGB”こと和楽器バンドが、国際放送NHKワールドJAPANおよびNHK総合で放送される音楽番組『SONGS OF TOKYO』に出演することが決定した。

【写真】「Starlight」「生命のアリア」を披露する和楽器バンド

 ミャンマー出身の俳優・森崎ウィンは、スティーブン・スピルバーグ監督映画『レディ・プレイヤー1』で主要キャストとして出演し、昨年は映画『蜜蜂と遠雷』で日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞、主演作『本気のしるし 劇場版』がカンヌ映画祭に選出されるなど、注目を集める中、昨年、歌手・MORISAKI WINとしてメジャーデビュー。今月26日には1stアルバム『Flight』をリリースする。

 一方、和楽器バンドは、フジテレビ系4月期の月9ドラマ『イチケイのカラス』主題歌「Starlight」を担当。当初は名前を隠し「WGB」名義でクレジットされていたことから、「WGBって誰?」と話題を集めた。

 番組では、この2組に夢中になっている世界中のファンが登場。それぞれのアーティストの何が海外ファンの心をつかんでいるのか、独自の視点で魅力を熱く語る。インターナショナルファンの熱い思いを受け、スタジオではホストの村上信五とホラン千秋が2組の内面に鋭く迫っていく。

 MORISAKI WINはデビュー曲「パレード-PARADE」を披露するほか、現在世界中が心配している母国ミャンマーへの思いを歌詞に込めた新曲「Love in the stars 星が巡り逢う夜に」をテレビ初歌唱。和楽器バンドはドラマ主題歌「Starlight」と、アニメ『MARS RED』オープニングテーマ「生命のアリア」をテレビ初披露する。

 NHKワールド JAPANでは5月23日深夜0時10分(24日午前0時10分)~、NHK総合では同29日午後11時10分~放送。NHKワールド JAPANは放送同時ストリーミングでも視聴できる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。