食用藍を使ったクロワッサン(くまごろう提供)

「藍ワッサン」を作った城西高生ら=徳島市の同校

 徳島市国府町南岩延のパン製造販売会社「くまごろう」が城西高校(同市)と協力し、阿波藍を使ったクロワッサンを商品化した。「藍ワッサン」と銘打って週2回販売している。

 食用の藍パウダーを城西高が取り扱っているのを知り、協力を依頼した。こうじが含まれたパン生地とともに長時間発酵させ、特有の強い匂いを抑えた。

 城西高では阿波藍専攻班の2、3年生21人が無農薬で藍を栽培。福祉施設に依頼して作ったパウダーを使い、焼き菓子などを商品化している。出店しているイベントが新型コロナウイルスの影響で中止となり、パウダーの在庫が生じていた。3年の青木望愛(のあ)さん(17)は「たくさんの人に食べてもらえればうれしい」と話している。

 1個250円。水、土曜に事業所内の店舗と、キョーエイの県内4店舗で販売している。問い合わせはくまごろう、電話088(643)0602。