米国バスケットボール殿堂の式典前日、記者会見するティム・ダンカンさん=米コネティカット州アンカスビル(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 新型コロナウイルス禍で延期された米国バスケットボール殿堂の2020年の殿堂入り式典を前日に控えた14日、表彰者がコネティカット州アンカスビルで記者会見し、昨年1月にヘリコプターの墜落事故で亡くなり、同じく殿堂入りするコービー・ブライアントさんとの思い出を口にした。

 米プロバスケNBAスパーズの大黒柱として、名門レーカーズの看板選手だったブライアントさんと数々の名勝負を繰り広げたティム・ダンカンさんは「同じコートに立てて光栄だった。自分の力を最大限に引き出してくれた」と振り返った。