島根県津和野町を走る聖火ランナー=15日午前

 東京五輪の聖火リレーは15日、島根県で2日間の日程で始まった。24府県目。政府の新型コロナ対応への疑問を理由に丸山達也知事が一時、中止検討を打ち出したが、姿勢を転換して容認。ランナーは「山陰の小京都」と称される津和野町からスタートし、隠岐諸島へと聖火をつないだ。

 白壁の土蔵が立ち並ぶ津和野町では、町の医療を守ろうと山口市から通い続けて5年になるという内科医の三輪茂之さん(61)が第1走者を務めた。次女で今回のパラリンピックで視覚障害者柔道に出場予定の広瀬順子選手(30)らの努力が報われることを願い、「リレーで希望の光を届けたい」との思いで参加した。