札幌市営地下鉄大通駅に掲示された終電時刻の繰り上げを知らせる電光掲示板=15日午前

 北海道、岡山、広島の3道県が新型コロナウイルス緊急事態宣言の対象に追加されることが決まってから一夜が明けた15日、対象地域では不安や諦めの声が聞かれた。愛知、福岡両県は発令後最初の週末。変異株の流行による感染拡大や病床逼迫への懸念は地方にも広がり、市民や事業者はさらなる制約を求められる。先行きの見えない自粛生活が続く。

 午前8時すぎ、JR広島駅では会社説明会に向かう大学生(21)が「就活は既にほとんどがオンラインなのに、会社と接する機会がさらに減ってしまうのでは」と不安げ。

 群馬、石川、熊本の3県はまん延防止等重点措置の対象に追加される。