【ロンドン共同】欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA、本部アムステルダム)は17日、米製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、未開封なら零下70度前後の超低温から2~8度の一般的な医療用冷蔵庫に移した後、1カ月(31日)の間保存できるとの見解を示した。従来は「5日」としてきた。

 米食品医薬品局(FDA)は同ワクチンを零下15~25度で最大2週間、保管することを承認しているが、それ以上に容易な扱いを認めることになり、接種拡大を後押ししそうだ。