2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反罪に問われた河井克行元法相(58)の弁護側は18日、東京地裁の最終弁論で、起訴内容となった現金配布のうち大半は買収に当たると認めた。