福岡市のペイペイドーム

 プロ野球ソフトバンクが福岡県に緊急事態宣言が発令されている間の主催試合の無観客開催を発表したことについて、日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は18日、「福岡県の状況で判断されたという説明を受けているし、こちらもそのように理解している」と受け止めた。

 プロ野球は可能な限り観客を受け入れることを前提として感染対策に取り組み、斉藤惇コミッショナーも「無観客は例外中の例外」という姿勢を示していた。井原事務局長は「緊急事態宣言イコール無観客ではないという認識は12球団で確認している。一方で、安全安心を最優先に判断していくことも確認している」と説明した。