飲食チェーンのグローバルダイニングは18日、運営23店舗を対象に、都から改正特別措置法に基づく休業命令を受けたと発表した。長谷川耕造社長は補償の不備などを挙げ、命令に従わず通常営業を続けるとホームページ上で表明した。