互いの演技に感じた“心強さ”を告白した(左から)石川瑠華、金子大地 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の金子大地と女優の石川瑠華が18日、都内で行われた映画『猿楽町で会いましょう』(6月4日公開)先行有料試写会上映後アフタートークに登壇した。

【集合ショット】主題歌を手掛けた春ねむりとともに登壇した金子大地&石川瑠華

 金子と石川がW主演を務めた本作は、変わりゆく街・渋谷を舞台に、駆け出しのフォトグラファー・小山田修司(金子)と、純朴そうに見えてうそだらけのヒロイン・田中ユカ(石川)の夢と欲望が交錯する衝撃のラブストーリー。新型コロナウイルスの影響により1年間の延期を経て、ついに公開となる。

 MCを務めた児山隆監督から演じる上で意識したことを問われ、金子は「石川さんの素がポロッと出るようところがあればいいなと思った。児山さんと相談して、台本にないせりふをぶっこんでミラクルを起こすことを意識しました」と撮影を回顧。金子はその演出に勘付いていたが、「2人が心強くて、私がどうなろうが受け止めてくれると思った」と絶大な信頼を寄せていた。

 それを聞いた金子は「僕も本当に心強くて、(石川と)一緒にやっていて楽しかった。『こんな気持にさせられた』っていうのがいくつもあった。毎シーン撮っていて楽しかった」と笑みを浮かべた。

 アフタートークには、主題歌を手掛けたポエトリーラッパーの春ねむりも登壇した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。