関智一『桜の塔RPG』に挑戦 (C)テレビ朝日

 俳優・玉木宏が主演するテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜、後9:00)。現在、ドラマ同様に主人公が警視総監を目指して階級を上げていく番組オリジナルのゲーム『桜の塔RPG(ロール・プレイング・ゲーム)』が、WEB上で公開されている。ドラマ本編で警視庁刑事部捜査一課の課長・牧園隆文を演じ、俳優としても高い実力を披露している人気声優・関智一が、このゲームに初挑戦し、実況プレイ動画が19日からYouTubeテレビ朝日公式チャンネルで公開された。

【写真】笑顔で『桜の塔RPG』をプレイする関智一

 「最近はアラフィフになってきちゃったんで、ゲームから遠のいている」という関は、久しぶりのゲームに意欲満々。頂点である警視総監の座を目指して、ゲームを開始することに。冒頭に流れるプロローグ文章を読み上げたり、登場人物のせりふをキャラ付けしながら読んでみたりと、ファンにはたまらない“声”の大サービスもしながら進めていく。そして、あれよあれよという間にゲームに熱中。新展開に直面するたび丁寧に面白ツッコミを入れ、警視総監になるため必要な上司の信頼を勝ち取るや「すげぇ!」と大興奮していた。

 やり終えた関は「程よい難易度。『面白い!』としか言いようのないゲームでしたね」とニッコリ。ゲームの内容に満足したようだが、「警視総監を目指す」という野望の方はちゃんと達成されたのか? 関のプレイ結果&『桜の塔RPG』の面白さを動画でチェックできる。

 『桜の塔』のドラマ本編は、20日放送の第6話から警視庁内の勢力図が様変わりした5年後を舞台にした第2章へ突入。あらゆる手段を駆使して野望の階段を駆け上がる警視庁キャリア組の警察官・上條漣(玉木)を中心に、新たな下剋上バトルが巻き起こる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。