『トムとジェリー』の先行デジタルレンタル&ダウンロード販売が5月19日よりスタート。日本語吹替版のゲスト声優・霜降り明星がインタビューに答える

 多才だけどお調子者でドジネコのトムと、見た目は可愛いがずる賢くて容赦ないジェリー。そんな2人が実写映画の世界で大暴れする、実写とアニメが融合したハイブリッドアニメーション『トムとジェリー』の先行デジタルレンタル&ダウンロード販売が本日19日よりスタート。同7月21日にはBlu-ray&DVD の発売・レンタルが開始される。日本語吹替版でトムの頭の中に現れる“天使トム”(せいや)と“悪魔トム”(粗品)の声優を務めたお笑いコンビ・霜降り明星のインタビュー動画が解禁された。

【動画】映画『トムとジェリー』 霜降り明星インタビュー映像

 霜降り明星のふたりが「トムジェリ」と出会ったきっかけや、彼らが「トムジェリ」から受けた影響、そしてどちらが好きか?など、「トムジェリ」愛を熱く語っている。

 粗品は元々カートゥーンネットワークに加入していて「きっかけは幼稚園の頃、番組を見て笑ったのを覚えている」と、小さい頃からアニメーションで「トムジェリ」を知っていたという。せいやは地上波で視聴して録画をしていたようで「自分でトムとジェリーのビデオ作ってましたね。切って貼って編集して」と、好きなエピソードだけをまとめたオリジナル作品を作っていたと愛あふれるエピソードを披露。

 ふたりはお笑いのネタとしても「トムジェリ」に感銘を受けたとして、粗品はネタ作りに行き詰った若手の頃には、決闘のシーンを何度も見たと語る。だが、「面白すぎるので影響を受けれないというか、真似できないじゃないですか。お笑いの作品として面白すぎると、ずっと思っています」と、作品への敬意を示している。

 最後に「トム派?」「ジェリー派?」という質問に対して、せいやは「ジェムとかトリーとかいろいろ考えましたけど…いや、トムとジェリーですね!」と、いろいろ悩んだ末、どちらも選べないという結論に。一方の粗品はトム派のようで、「僕はトムです。かわいそうだから」と笑いながらコメントした。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。