徳島県は19日、新型コロナウイルスの感染が確認された20~90代の男女5人の詳細を発表した。直近1週間(12~18日検査分)の新規感染者数は69人で、70人未満となるのは4月5日の67人以来1カ月半ぶり。

 感染者5人うち、板野町の70代男性は17日午後6時半~同7時半ごろ、同町犬伏の県道で自転車に乗っていて転倒し、搬送先の医療機関で受けたPCR検査で陽性と判明した。現場で介助した男女3人が接触者となる可能性があり、県は徳島保健所への連絡を呼び掛けている。

 クラスター関係では、そよかぜ病院(徳島市)に入院している藍住町の90代男性が感染し、関連クラスターは計61人となった。

 このほか▽神山町の60代自営業男性▽同町の50代女性会社員▽愛知県から仕事で徳島保健所管内に訪れていた20代男性会社員-の感染を確認した。

 板野町の男性とそよかぜ病院の入院患者は酸素吸入が必要な中等症で、他は軽症か無症状。

 また17、18日に行った変異株のスクリーニング検査の結果、抽出した感染者36人全員に変異株感染の疑いがあると発表した。

 板野町の70代男性に関する問い合わせは徳島保健所、電話088(602)8950。