臨時記者会見を行う飯泉嘉門徳島県知事=21日午後5時10分ごろ、県庁

 徳島県は21日、新型コロナウイルスの感染が確認された10~80代の男女7人の詳細を発表した。1日当たりの感染者が1桁となるのは4日連続。医療機関に入院していた80代以上の1人が亡くなり、死者は累計59人となった。

 感染者7人のうち、60~80代の男性4人はそよかぜ病院(徳島市)の入院患者で、関連クラスター(感染者集団)の規模は66人となった。

 上板町の20代女性は阿南市職員。感染した夫の濃厚接触者として検査を受け、陽性が判明した。市や町の職員の感染は4月25日以降で10人目。家庭内感染のケースが多いとして、県は注意を呼び掛けている。

 このほか、三好市の50代男性会社員と阿南市の10代男子学生が感染した。7人はいずれも軽症か無症状。県内の感染者は累計1606人となった。

 17日に板野町犬伏の県道で転倒し、医療機関で感染が分かった同町の70代男性を介抱した女性1人は検査の結果、陰性だった。県は介抱した他の男女2人に連絡を呼び掛けている。
 問い合わせは徳島保健所、電話088(602)8950。