徳島市は22日、高齢者向け新型コロナウイルスワクチンについて、24日から6月20日までの接種分の電話予約枠が埋まったと発表した。20日に予約枠が埋まったインターネットと同様、キャンセルがあれば再び受け付ける。 

 市によると、電話の予約枠が埋まったのは22日正午前。20日の予約開始日から受け付けたのは約3万人分で、市のコールセンターと専用サイトとは別に、かかりつけ医の判断で重症化しやすい患者に早く接種できるよう予約を受け付けたケースもある。市は内訳を公表していない。

 次回は6月7日に予約受け付けを始める予定で、接種期間は21日から7月11日まで。6月上旬には、県主導で市民を対象とした大規模集団接種がアスティとくしまで行われる見通し。

 市のワクチン予約を巡っては、コールセンターに電話が殺到するなどの状況が続いて混乱した。

 市健康福祉部の藤田稔夫部長は「混乱を招いたのは事実で、予約できなかった人もいる中、ご迷惑をかけて大変申し訳ない。分かりやすい説明や情報発信など反省すべき点は改善し、円滑に接種が進むように努める」と話した。