汗ばむ陽気の中、外出する人たち=23日午後2時40分ごろ、徳島市の徳島中央公園

 23日の徳島県内は高気圧に覆われて晴れ、気温が上昇した。徳島地方気象台によると、最高気温は那賀町木頭和無田で30・2度(平年24・4度)を観測し、今年初めて30度を超える真夏日となった。他の7観測地点でも25度を超す夏日を記録した。

 気象台によると、最高気温は美馬市穴吹町で29・7度、三好市池田町は29・4度、徳島市が27・8度など。各地で平年を0・5~5・8度上回り、5月下旬~7月中旬並みとなった。

 家族4人で那賀町の「大釜の滝」を訪れた水間拓也さん(39)=藍住町住吉、会社員=は「湿度が低いので気温の割には暑くなかった。滝で涼が取れて癒やされた」と話した。

 24日の県内は梅雨前線の影響で昼すぎから夕方にかけて雨が降る見込み。日中の最高気温は徳島市23度、三好市池田町21度、美波町22度と予想されている。