29日に開幕する第62回徳島新聞社こども野球のつどい(徳島県軟式野球連盟、県スポーツ協会県スポーツ少年団、徳島新聞社主催)の試合日程が決まった。101チームが出場する。

 29日に1回戦30試合、30日に1、2回戦30試合、6月5日に2、3回戦17試合、6日に3回戦8試合、12日に4回戦8試合を実施。準々決勝4試合は13日、準決勝2試合は19日、決勝戦は20日午後3時からオロナミンC球場(鳴門市)で行う。

 今大会の優勝・準優勝チームは、全国スポーツ少年団軟式野球交流大会の四国ブロック予選(6月26・27日、阿波市)に県代表として出場する。天候不良などで予定通り20日に終わらなければ、県軟連が上位4チームから抽選で代表を決める。ベスト4も決まっていない場合は、3月に行われた高円宮賜杯第41回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県大会の2、3位チームが代表となる。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、チーム関係者から感染者が出た場合は、その人と濃厚接触者を除いてチームを編成できなければ出場を認めない。また▽選手の健康チェックシート提出▽開会式の省略▽選手の送迎に当たる保護者以外の観戦禁止▽試合後は速やかにベンチを消毒する―などの対策を取る。

 県内で緊急事態宣言が発令されるなどした場合は、大会を中止または延期する。

組み合わせ表のPDFファイル

 

https://www.spoban.com/minmane/etour/view/6066df4d8eda8/