徳島県内の10代女性宅の浴室を盗撮しようとカメラを設置し、つきまといなどのストーカー行為を繰り返したとして、県警少年女性安全対策課と三好署は24日、ストーカー規制法違反と県迷惑行為防止条例違反の疑いで、東みよし町加茂、三加茂中学校教諭の男(59)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2020年7月中旬、女性の自宅浴室の窓に外側から盗撮目的で小型カメラを設置。同時期から21年3月中旬までの間、自宅周辺をうろついたり、見張ったりするなどのストーカー行為を複数回したとしている。

 署によると、女性の家族がカメラに気付いて県警に通報。女性宅に設置していた防犯カメラの映像などから容疑者を特定した。「間違いない」と容疑を認めている。

 容疑者は三加茂中で理科を教え、学級の副担任や男女卓球部の副顧問を務めている。

 東みよし町教委の真鍋孝之教育長は「事実であるならば慚愧の念に堪えない。学校と一緒に再発防止や子どもたちのケアに努める」と話した。