徳島県は26日、25日に新型コロナウイルス感染が分かった50代男性について詳細を発表した。肺炎の症状があり、中等症という。

 県によると、男性は藍住町在住の会社員。18日に食欲不振の症状がありかかりつけ医を受診したが、検査はしなかった。その後発熱し23日に再び医療機関を受診し、PCR検査を受けて陽性と分かった。感染経路は「調査中」としている。

 感染者数が1桁となるのは9日連続。入院と宿泊療養を含む療養者は78人で、4月1日以来55日ぶりに70人台となった。

 24、25日に実施したスクリーニング検査の結果、対象となった36検体全てに変異株の疑いがあると発表した。