記念撮影用に貸し出す聖火トーチを持つ徳永さん=美波町奥河内

 美波町観光協会が、東京五輪聖火リレーで使われたトーチを、記念撮影用として同町奥河内の「道の駅日和佐」内にある観光案内所で貸し出している。4月16日にランナーを務めた町のPRキャラクター「かめたろう」こと徳永聖二さん(57)=奥河内、町観光協会職員=が提供した。

 長さ約71センチ、重さ約900グラムのアルミニウム製。貸し出しは無料。案内所前での撮影を想定している。点火はできない。

 徳永さんは、生まれ育った町で聖火ランナーとして走れた感動を共有したいとトーチを購入。多くの人に触れてもらおうと観光客への貸し出しを決めた。「自宅に飾っておくよりも、みんなで楽しんでもらいたい」と話している。

 案内所は年中無休で、営業時間は午前9時から午後5時まで。