県は27日、アスティとくしま(徳島市)での新型コロナウイルスワクチンの大規模集団接種について、6月5日から始めると発表した。7月15日まで徳島市の高齢者を対象に、最大2万3千人に接種する。5月31日午前9時から市の専用サイトかコールセンターで予約を受け付ける。

 徳島市が確保している米ファイザー製ワクチンを使い、火、水、木、土、日曜日に実施する。1回目は6月5~24日に接種し、3週間後に2回目を打つ。

 火、水、木曜日は午前9時~正午と午後2~5時で1日最大1200人、土、日曜日は午前9時~正午と午後2~5時、同7時~9時半で最大2040人の接種を想定している。

 電話での予約が集中すると見込まれる5月31日と6月1、2両日は県が100回線を用意し、市の45回線と合わせて145回線で対応する。6月3日以降は県が55回線、市が45回線の計100回線とする。市の予約システムで受け付けるため、市が行う個別接種との二重予約はできない。

 他市町村については状況を見ながら検討する。

 予約の受付時間は5月31日が午前9時~午後8時、6月1日以降は午前8時半~午後8時。コールセンターは、フリーダイヤル(0120)158202、電話088(621)5495、電話088(678)8707。専用サイトは<https://vaccines.sciseed.jp/tokushimashi/login