後半、バトッキオがクロスに飛び込むもゴールならず=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ1の徳島ヴォルティスは30日、鳴門ポカリスエットスタジアムで湘南と対戦し、1-1で引き分けた。通算成績は5勝4分け9敗となり、勝ち点を19とした。

⇒写真特集はこちら

 前半立ち上がりから前への圧力が強い湘南に対し、徳島はFW垣田裕暉を目掛けてロングキックを多用する展開。13分にCKからのこぼれ球を拾い、MF岩尾憲の右クロスをDFカカが頭で合わせて幸先良く先制した。しかし23分、相手GKのゴールキックのこぼれ球から相手FWにGK上福元との1対1を決められ、追い付かれた。

 後半は岩尾を起点に中央でも細かくつないでチャンスをうかがった。終盤にかけて5人の交代枠を全て使い切ってゴールを目指したが、勝ち越し点は奪えなかった。
 

徳島 1-1 湘南
 前 1-1
 後 0-0

【得点者】徳島=カカ(前半13分)
     湘南=町野(前半23分)