臨時記者会見を行う飯泉嘉門徳島県知事=2日午後3時ごろ、県庁

 徳島県は2日、新型コロナウイルス感染が確認された70代男性について詳細を発表した。

 男性は徳島市在住。中国地方に住む職場の同僚の感染が分かり、濃厚接触者としてPCR検査を受けた。同僚は5月下旬に来県し、一緒に仕事をした。男性はせきの症状があるものの、軽症という。

 県民に警戒を促す「とくしまアラート」の指標のうち病床使用率は15・7%となり、3月24日以来70日ぶりに20%を下回った。このため、全ての項目で政府分科会が示すステージ1(散発的発生)を下回った。