海陽町の前田惠町長(66)=高園=は1日、来年5月の任期満了に伴って行われる町長選に、再選を目指して立候補する意向を固めた。近く開会する町議会12月定例会で正式に表明する。同町長選には町議の三浦茂貴氏(44)=奥浦、林業=が出馬する意向を示しており、選挙戦になる公算が大きくなった。

 前田町長は徳島新聞の取材に対し「少子化対策や1次産業の活性化はまだ道半ば。継続して町政運営に努めたい」と話し、続投への決意をにじませた。

 前田町長は2014年5月に就任。住民の意見を町政に取り入れる「みらい会議」の発足や宍喰地区防災公園の整備計画の策定などに取り組んだ。第3子以降の保育料無料といった子育て施策にも力を入れた。再選に向けた政策では保育料の完全無料化や1次産業の機械購入費の補助などを考えている。

 前田町長は海南高校卒。1999~2006年に旧海部町の教育長を務めた。14年の海陽町長選に出馬し無投票で初当選した。現在1期目。任期は来年5月13日まで。