東みよし町の川原義朗町長(68)=同町中庄=が、任期満了に伴い来年4月3日に告示、8日に投開票される次期町長選に立候補しない意向を固めた。後援会幹部らに伝えており、15日の町議会定例会で正式に表明する見通し。

 川原氏は2006年、合併で発足した東みよし町の初代町長に就任。行財政改革や子どもの医療費無料化などに取り組んだ。これらの政策で一定の成果を上げたことや、健康に不安があることなどを踏まえ、不出馬を決断したもよう。

 川原氏は5日、町議会の所信表明で「進退について近々、後援会幹部と話すので、その後、表明させていただきたい」と述べていた。

 川原氏は大阪工業大卒。建設会社社長、旧三加茂町教育委員長などを経て1999年に旧三加茂町長選に初当選し、2期務めた。2006年4月、東みよし町長選で当選し、現在3期目。

 今のところ次期町長選への立候補を正式に表明している人はいないが、町内には候補擁立の動きが複数ある。