人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の細胞を、重症の心不全患者に移植して治療する大阪大の臨床研究が、厚生労働省の再生医療評価部会に承認された。

 がんに次いで日本人の死因第2位である心臓病の治療に、iPS細胞が使われる世界初の試みだ。

 とはいえ患者の命に関わる心臓病への適用である。安全性を最優先に、臨床研究を進めなければならないのは言うまでもない。

 大阪大の計画では、iPS細胞を心臓の細胞に変化させた「心筋シート」を使い、本年度中に1例目の移植手術を行うとしている。

 患者の心臓に心筋シートを貼り付けると、分泌される特殊なタンパク質が新たな血管を作り、心筋の再生が促されるという。

 心筋シートの有効性が認められれば、心臓移植に代わる治療法として、新たな選択肢が加わることになる。多くの心不全患者が待ち望んでいるだろう。

 大阪大は透明性と信頼性の高い臨床研究を肝に銘じ、再生医療の切り札とされるiPS細胞の本格的な利用につなげてもらいたい。

 当然ながら、臨床研究には多くの課題がある。まず患者の心臓に心筋シートを貼り付けるには、リスクを伴う開胸手術が必要だ。

 移植後の経過も、患者の心臓の状態を直接観察できないため、異常の発見が遅れる可能性がある。

 臨床研究では、超音波検査や心電図、磁気共鳴画像装置(MRI)などを使い、あらゆる角度から経過を観察しなければならない。

 iPS細胞を使った再生医療を巡っては、既に目の網膜に障害が起きる病気の臨床研究が進んでいる。しかし今回の心臓病への適用は、移植する細胞の数が網膜の数百倍と桁違いに多い。

 移植した細胞の中に心筋細胞に変化していないiPS細胞が含まれていると、がん化したり、不整脈につながったりする恐れがある。

 そして何より、大阪大が作製し、患者に移植する心筋シートは、京都大が備蓄しているiPS細胞を使用する。

 他人の細胞を移植することで、患者にどんな拒絶反応が起きるのか。さらに、免疫抑制剤はどの程度の量を使うのが適切なのか。これら一つ一つの課題に的確な判断が求められる。

 大阪大は、他人のiPS細胞を使う理由や免疫抑制剤による影響などについて丁寧に説明し、患者の了解を得る必要がある。

 iPS細胞を使った臨床研究は、京都大のパーキンソン病、大阪大の角膜の病気、慶応大の脊椎損傷と、今後も続いていく。大阪大の心筋シートが、後続の計画に影響を及ぼすのは間違いない。

 世界に先駆けて日本が進める再生医療の裾野を広げていくには、確かな裏付けのある取り組みが欠かせない。

 <2018・5・31>