徳島インディゴソックスは9日、鳴門オロナミンC球場で高知と7イニング制でダブルヘッダーを行い、第1試合は3―1で勝利した。第2試合は0―0で引き分け、通算成績は7勝14敗2分けとなった。

 第1試合は、徳島が四回、坪井の二塁打などで無死二、三塁とし、斎藤の犠飛と丹治の右前打で2点を先制。五回には宇佐美の中前適時打で1点を追加した。先発楢崎は6回を投げて1失点に抑えた。

 第2試合は、徳島先発の大木が5回を投げて5安打無失点と好投。2番手亀山、3番手福永も得点を許さなかった。打線は四、七回に得点機を築いたが、あと1本が出なかった。