広大な砂浜が広がる小松海岸。このころは護岸は築かれていなかった=1967(昭和42)年、本社所蔵写真

 広い草原のように見える場所を2人の子どもが駆けている。手前には浮輪が写り、遠くの波打ち際には多くの人の姿がある。

 この写真は1967(昭和42)年に徳島市川内町の小松海岸を撮影した一枚。当時は海水浴場としては指定されていなかった。

 徳島市内にはかつて津田と沖洲の2カ所に海水浴場があった。どちらも市街地から近い海水浴場として人気があったが、70年代から80年代にかけて埋め立てられ姿を消した。

 その後、この小松海岸の一部に海水浴場が設置されることになるが、この写真には防波堤工事が行われる以前の、コウボウムギやハマボウフウなど海岸植物に覆われた広大な砂浜の様子が記録されている。