12日、香港中心部の繁華街コーズウェイベイで規制線を張って警戒する警察官(共同)

 【香港共同】2019年の香港での大規模抗議デモから2年となった12日、香港中心部で抗議活動が呼び掛けられ、警察が警戒態勢を敷いた。香港メディアによると、動員された警察官は千人以上。一部地域では交通妨害を狙って道路上に障害物が置かれたが、警察官らが撤去し、大きな混乱は起きていない。

 中心部の繁華街コーズウェイベイ(銅鑼湾)では、警察が一部の歩道に規制線を張り封鎖。道行く市民への職務質問や持ち物検査などで、緊迫した雰囲気が広がった。

 香港メディアによると、九竜地区の繁華街モンコック(旺角)では道路上にゴミ箱が置かれたが、警察官らが直ちに撤去した。