オンラインで記者会見する東芝の永山治取締役会議長=4月14日

 ロイター通信によると、シンガポールの資産運用会社3Dインベストメント・パートナーズは13日、東芝の永山治取締役会議長ら4人の取締役に書簡を送り、即時辞任を求めた。

 関係者が同通信に明らかにした。

 書簡で3Dは、10日に公表された外部弁護士の調査報告書で指摘された東芝のガバナンス(企業統治)の問題は、取締役会議長である永山氏と監査委員会の3人に責任があると説明した。

 調査報告では、東芝が日本政府と一体となって外国人投資家に圧力をかけたとしている。(共同)