臨時記者会見を行う飯泉嘉門徳島県知事=13日午後4時半ごろ、県庁

 徳島県は13日、新型コロナウイルスの感染が確認された10~40代の男女5人について詳細を発表した。5人は阿南第一中学校(阿南市)の生徒や教職員ら。同校では12日にも生徒1人の感染が分かっており、県は新たに6人規模の関連クラスター(感染者集団)が発生したと認定した。クラスターは県内28例目。

 阿南第一中で感染が確認されたのは、女子生徒3人と40代男性教職員、生徒の40代母親。いずれも軽症か無症状だった。12日に感染が分かった女子生徒を含め、生徒4人は同じ部活動に所属しており、男性教職員は顧問を務めていた。

 同校は12日に校内を消毒し、14日まで臨時休校とする。県は濃厚接触者や接触者176人のほか、接触者に当てはまらない生徒や教職員183人についても希望者を対象にPCR検査を進める。

 県内でクラスターが認定されるのは5月17日以来、27日ぶり。

 直近1週間(6~12日検査分)の新規感染者は10人で、14日ぶりに政府分科会が示すステージ1(散発的発生)の水準に達した。病床使用率は9・4%。県内の感染者は累計1646人になった。