徳島県は13日、新型コロナウイルスワクチンの接種を希望する県内の医療従事者全員への優先接種を11日までに終えたと発表した。医療従事者への接種完了は福井県に続いて全国2番目。

 県内の医療従事者向けの優先接種は、ファイザー製のワクチンを用いて3月4日に開始。3万6069人が2回目の接種を終えた。1月の調査では県内の医療従事者は3万7578人で、接種を希望しない2131人を除いた3万5447人を上回る対象者が接種した。その後も新規採用などで対象者は増えているとみられるが、県ワクチン・入院調整課は「おおむね完了したと判断した」と説明している。