14日の徳島市議会6月定例会の代表質問で、山本武生氏(自民)は市が8月開催を目指す阿波踊りを取り上げ、感染対策の詳細について尋ねた。また、内藤佐和子市長による徳島新聞社の阿波踊り報道への抗議に関し、同社を告訴する意思の有無を問うた。

 主なやり取りは次の通り。

山本武生氏「参加者にワクチン接種証明など求めるか」

 開会日の玉野勝彦議員への答弁で、「市中に人流が増加することは防げない」ということだったが、安心安全の開催のための感染対策はどうするのか。県外からの観客や踊り手にワクチン接種証明やPCR検査の陰性証明の提示は求めるのか。

 

鈴田善美経済部長「証明書を求める予定はない」

 観客、踊り子、スタッフ等の安心安全を最優先に、阿波おどりネクストモデルの検証結果、専門家の意見等を反映させた新型コロナウイルス感染症対策実施マニュアルに基づき、観客同士等の距離の確保、踊り手等の動線確保、健康管理などを徹底したい。また、会場の密集、雑踏事故の防止を図るため、事前周知を行うか、警備スタッフの増員による来場者への注意喚起ならびに関係機関との連携を図りながら安全対策に努める。

 県外からの観客や踊り手へのワクチン接種証明書等の提示は現時点では予定はない。

 

山本氏「全国、世界から観客が訪れる阿波踊り。本市独自の開催判断基準は」

 京都大の西浦教授の予測によると、「7月にワクチン接種が完了したとしても緊急事態宣言が21日に解除された場合、遅くとも8月中に宣言相当の流行になることを避けられない可能性を十分に想定する必要がある」としている。とくしまアラートを判断基準にして、中止も視野に入れ、チケット一般販売開始の6月下旬までに開催判断するとのことだが、とくしまアラートは全国の感染状況を考慮しているのではなく、徳島県下の医療のひっ迫具合、療養者数、PCR陽性率、感染経路不明割合などが発動基準だ。全国あるいは世界から観客や踊り手が訪れる阿波踊りの開催中止の判断基準は、どうしても開催するのであれば、本市独自の判断基準を策定する必要があると思う。本市の考えは。

 

鈴田経済部長「とくしまアラート、全国の状況などを踏まえ、慎重に判断」

 阿波踊りの開催判断については、とくしまアラートの発動状況だけでなく、全国の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の発令、適用状況やイベント開催にかかる政府方針などを踏まえ、阿波おどりネットワーク会議の意見を聞きながら徳島市として慎重に判断したい。

 

山本氏「普通は中止。海水浴場やプールは中止で矛盾。開催するなら目的と開催リスクの具体的説明を」

 現下の状況をみると、普通は中止であると思う。今すべきは本年の開催をどうするかではなく、本年は中止し、ワクチン接種を完了し、2022年に改めて盛大な阿波踊りの開催を模索すること。

 本市のさまざまな事業で、中止か開催かの判断に矛盾がある。小松海水浴場の海開きは早々と中止を決定し、ワークスタッフ田宮プールも中止。開会日の会長幹事長会では、議会では県外に出向く委員会視察は中止、管内視察は9月定例会まで様子をみることになっている。中止決定が大半を占めているにもかかわらず、阿波踊りだけは何としても開催するという意思があるように感じる。8割の市民の反対があり、8割の連が参加しなくても開催を強行しようとすることに違和感を覚えずにいられないのは私だけではないと思う。

 どうしても開催するのであれば、(阿波踊り予算について先議した)開会日には答弁いただけなかったが、目的と感染リスクについて具体的説明が必要だ。本市独自の開催判断基準を策定し、市民に明確に示し、説明することは主催責任者の市長の義務であると指摘しておく。

 

***

山本氏「徳島新聞社を告訴するのか」

 報道に対する市の見解、対応について。徳島新聞社を告訴するのか。また、今後もあらゆるマスコミにについて同じ対応をするのか。

 

鈴田経済部長「謝罪文掲載求めて抗議した。阿波踊り報道へは今後も対応を検討」

 阿波おどり実行委員会の解散等に関連し、本年3月9日付徳島新聞の「論説委員の目」等において事実と異なる内容や不適切な表現が多く含まれていたことから、4月26日に同社に対して当該記事の訂正及び撤回並びに謝罪文の掲載を求め、文書により抗議をした。なお、阿波踊りに関する報道については引き続き、内容を精査し、今後も状況に応じて対応を検討したい。

⇨ 徳島新聞の報道に関する徳島市の主張と徳島新聞社の見解

 

 この日は、明石和之氏(公明)も阿波踊り開催時の屋台・飲食の制限の有無などについて質問した。「専門家の意見を踏まえて判断する」などと答えた内藤市長がその後13分間にわたって、阿波おどり実行委の解散などに関する自身の従来の主張を早口で述べる場面があった。再び登壇する予定だった明石氏は、時間切れで登壇できなかった。