紅葉山御養蚕所で繭を収穫される皇后さま=7日、皇居(宮内庁提供)

 宮内庁は17日、皇后さまが皇居内の紅葉山御養蚕所で、飼育中の蚕の繭を収穫されている様子の写真を公開した。撮影は7日。

 作業は5月6日の「御養蚕始の儀」から本格化。これまで初めて繭を収穫する「初繭掻」の作業や、来年のための卵を採る「採種」などを実施した。側近によると、皇后さまは担当者に「大変ですね、ご苦労さまです」などと声を掛けながら熱心に作業した。

 皇居での養蚕は明治時代から歴代皇后に引き継がれている。今年の養蚕は、新型コロナウイルス禍を受け、昨年に続き作業人数を減らして実施している。