日本原燃の使用済み核燃料再処理工場=青森県六ケ所村

 青森県で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあった5月中旬、国の核燃料サイクル政策の中核を担う日本原燃(同県六ケ所村)の幹部が、協力企業の社員などを六ケ所村に招き、数十人規模のゴルフ大会を開いていたことが18日、関係者への取材で分かった。緊急事態宣言が続いていた東京都から参加した協力企業役員もいた。

 原燃では1月以降、感染者の発生が続き、6月4日には構内の事務所でクラスターが生じたと青森県が認定。原燃はその後、協力企業に対し、懇親会やゴルフは当面見合わせると連絡した。原燃、協力企業双方の内部から「危機意識がない」と、大会開催を疑問視する声が出ている。