このコロナ禍のさなかにほんまにやるんじゃろか。大勢が詰め掛けたら、感染拡大が怖ーおます。東京五輪・パラリンピックではのうて、徳島市の阿波踊りのことですわ。

 市は「安全安心が最優先」で、危ないようやったら中止すると言うとる。じゃが、市議会のやりとりを聞いとると、中止の判断は「状況を見て」と実にあいまいやなあ。これでは「開催ありき」とみられても仕方ありまへん。

 おぶけるのが開催事業費じゃ。規模を大幅に縮小するにもかかわらず、総額で最大約1億円。わしの目にはごっつい破格に映るのう。

 ちゅうんは、昨年度まで運営業務を委託されていた民間事業体が、昨夏の踊りが中止になったんで、開催準備にかかった2100万円の費用分担と年間500万円の納付金の免除を求めたんやけれども、内藤佐和子市長はんは「払えん」の一点張りやったからじゃ。それが市の主催になった途端、4倍のお金をぽーんと出しなさる。まさに赤字覚悟の大盤振る舞いやな。

 首をひねるんは、そこに参加者のPCR検査の費用すら入ってないことよ。「感染対策が穴だらけ」と言われるはずじゃ。今夏、えらいこっちゃ、とならんようにしてつかいよ。(碇信人)

*おぶける=驚く *ごっつい=すごく *ちゅうんは=というのは